忍者ブログ
懐かしい思い出が、なんだか中途半端・・・ 記憶の抜け落ちた部分を、あなたの記憶で埋めて頂けませんか?



[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まことにすみません。

恥ずかしながら、帰ってまいりました。
(小野田さんみたい・・・ってふるっ!)

皆様からのコメントを読みながら、
涙してしまいました。
こんな私に暖かいコメントばかり・・・
なのに私ったら・・・

腎臓結石と闘い、校正の文章と戦い、
さて、ブログにコメントをと思ったら、
パソさんがウィルスにやられて、データが吹っ飛んでしまいました。
もちろん、パソさんも他界されてしまい、
うんともすんともおっしゃいません。

どうしたもんだと購入した家電量販店に向かうも、
データ復旧は無理だとつれない返事・・・

私のデータはなくなってもさほど痛くはないのですが、
娘のイラストデータは、お仕事が絡んでいるため、
あららぁ・・・では済ませられません。

途方にくれて思い出したのが、
破壊されたデータ、水没したケータイからのデータ復旧ができる
会社のこと。
以前テレビで見たことがある!!

そこに問い合わせてみました。

そして、やっと、データ復旧を完了したものの、
このブログに記事投稿するのが怖くて怖くて・・・
私のところから、皆さんのサイトにウィルスが感染しないかと
コンピュータに疎い私は、今日までパソコンを触っていませんでした。

パソコンを新しく購入し、
大丈夫との多くの声と、娘の、ブログにコメントくれてる人に
申し訳ないでしょうがっ!!!
との渇に後押しされ、恥ずかしながら
この場に帰ってまいりました。

しかしながら、皆様からいただいたメールアドレスは
復旧できず・・・

よろしければ、今一度、メールアドレスを教えてくださいませ。

これから、皆さんのサイトにもお邪魔いたします。

しかし、まだ、パソコンは怖いです・・・

皆様のパソさんのウィルスについての記憶を分けてください。

データぶっ飛んだ経験はおありですか??

その時の復旧方法もよろしければ教えてくださいませ。
PR
尿管結石移動中!!!!

金曜日の夜中、25時
痛みに冷や汗をダクダクかいて、

「いやだぁぁいつものいたみだぁぁぁ」
と薬を飲むが、一向に納まらず、
家族は寝静まっているので、水を1リットル一気飲みし、
夜の街に散歩に出かける・・・
石が動けば痛みも去るのが腎臓結石(尿管結石)の凄い所。
本当に嘘のようにケロット痛みがなくなる。

ズンズン歩くが痛みは消えず、
なんだか痛みは増している模様・・・
だめだ、吐き気がする・・・

来た道を引き返し、お家に着いた途端
今飲んだ1リットルの水を
りばーーーーーーす!!
(リバースは、猫よりも上手い。
金魚を飲んで、出すぐらいできると思う。試した事ないけど・・・)

これ以上耐えるのは無理と判断し、
保険証と財布をつかみ車の中に・・・

ケータイを取り出し、信号待ちの時に119番
「腎臓結石の患者が、市民病院に向かってるので、
カルテの手配お願いします。痛みが酷いんです・・・はぁはぁはぁ・・・」

できるだけしっかり答えましたが、
「奥さん、患者さんのお名前は?落ち着いてね」

「患者は、私本人です。痛みを堪えて病院に向かってますんで、
市民病院に電話してもらえますか?」

「担当の先生いないと、ダメだから、確認してもらえるかなぁ?
今から番号言いますからぁ・・・」

「電話なんかするんじゃ無かった・・・お前が手配してくれよ、
何のための119番だよ!!」と言う気力も無く・・・

「わかりました」

と言って自分で市民病院に電話・・・やれば出来るじゃん・・・
信号無視もしたけど・・・いいよね。救急車に乗ってないだけだと思えば・・・
確認はしたしさ。

何とか病院に辿り着き、玄関前に車を横付けし、
はうように受付を済ませ、
診察室の長いすに倒れた・・・


「きむらさぁぁぁん!おトイレ行ってきてくれるぅぅぅぅ??」

「無理です・・・」

「オショウスイトッテキテ欲しいんだぁぁぁ!!」

「出ません・・・」

「うぅぅぅん、こまったなぁぁぁ」

「前と同じ症状なんで、先生呼んでもらえますか・・・」

「うぅぅんオショウスイでないかなぁぁ?」
何かわかんないとしょちできないしぃぃぃ・・・」

「出ません・・・全部ははきました・・・」

「腎臓結石の痛みではどうこうならないからぁ、うぅぅん
「もういいです。ほっといてください・・・」

と、失神するしかないかなぁ・・・と考えている所に、
ドクターの声・・・

「何してるの??」

「オショウスイでないって言うんでぇぇ・・・」

「この人カルテに、腎臓結石で通院してる経歴と、前にもここで処置した経歴あるじゃない。
先に痛みとめてあげないと、ショック症状でてるよ・・・何やってんの?」

「でもオショウスイ・・・」

「腎臓のエコーとればわかるから、出ないおしっこ待っててもしょうがないよ!
早くボルタレン用意して!!効かないかも知れないから、ダメだったら
注射打ってあげて!!」

ありがとうドクター・・・

痛みで目も開けられなくって、顔は見ていませんでしたが、
助かりました。

混濁する意識の中で、天使と悪魔の会話を聞いているような感じでした。

この後痛みは止まったのか?
悪魔は去ったのか???

次回に続きます。

皆さんも天使と悪魔の会話を聞いたことはありませんか?
悪魔は結構ぶりっ子(死語ですか)です。

皆様の病院での悪夢の記憶を分けてください・・・

あっ、天国のような記憶も、あれば是非に!!!
息子が携帯を新規加入いたしました。

今は自分で携帯の番号を選べるんですね。

検索してもらって、利用者がいないと、OKみたいです。

「下4桁を好きな数字でご利用できます。何になさいますか?」

と言う窓口のおねいさんの問いに、

しばし考え息子が言いました。

「8829でお願いします。」

息子に「なんで??」と問い掛けると、

「ははにく・・・母肉!オカン見てたらひらめいた!!」

「ご利用可能です。(にっこり!)」

うぅぅぬ・・・そんな語呂合わせが出来るとは・・・大きくなったなぁ・・・

と変に感心してしまった、今日の午後。

中学校の卒業式でした。

これで義務教育は終了!!

子供の手は速いとこ離そう!!(向こうから離しそうですが・・・)

みなさんどんな語呂合わせで、番号を選びますか??

面白い語呂の番号の記憶はありますか??

以前寿司屋の電話番号で、53-4771って言うのがありました。

ゴミ、死なない・・・ゴミ、品無い・・・

ちょっといただけないような番号でした。

4126、4126、電話はヨイフロってのありましたよねぇ・・・・

皆さんの数字に関する記憶を分けてください。

無理矢理読んでるのもありますよねぇ・・・

よめねぇよ!!ってのも・・・

暗証番号もパスワードも、あぁ数字社会・・・

息子の受験番号が、290(にくまる)だったそうです。(肉ばっかかよ!)

長男の受験番号は、232303(にいさんにいさんおっさん!)と言うのもありました。

私の高校の受験番号は8984(吐くわよ!)でした。

皆さんの記憶の番号を分けてください。

みなさまいかがおすごしでしようか?

はずれです。

お風邪など召しておられませんか??

ってことで今回は、インフルエンザァァァァ!!にまつわる記憶ということで。

子供の頃は予防注射がありましたよねぇ

学校の体育館で皆で並んで片腕出して・・・

『いたかった?いたかった?』って聞いて回るんです。

おじいちゃん先生はいやだったなぁ・・・

私の前の子が腕に針だけ残ってた事もあった・・・

お休みの子が何人以上だかで学級閉鎖になるんですよ。

残念な事に一度も経験できなかった!!

我が家の子供達は何度か経験しておりましたが

元気な子供は家にいて欲しくない・・・

んでもって学級閉鎖が終った頃に寝込んだりしやがる。

タイミングの悪い子供達だった。

問診表も全部いいえにまるしてたよなぁ・・・

高学年になると自分で書いてた。(おかあちゃん忙しそうだったもんだから)

水銀の体温計でお熱はかってましたよねぇ。

熱があるのがなんだかカッコ良いという風潮の小学生時代

39度の熱に憧れた・・・(未だに39度は出した事がない!)

なんだか話が広がりすぎましたが、

皆様のインフルエンザにまつわる記憶を分けてください。

ちなみに脱線大いに歓迎致します。

今の学校は予防注射しないんですよねぇ

理由は忘れたけど・・・

今朝子猫が一匹、逝ってしまいました。

昨日の夜、獣医さんで検査をしてもらい、お腹に虫はいないことも分かり

栄養剤と抗生物質を投与してもらい、これでグッスリ寝れば大丈夫でしょうと

帰宅いたしました。

丸くなって眠り続ける子猫を安心してみておりました。

今朝、娘がもうミルクの時間だろうと、触った時には、首を上げられませんでした。

140グラム・・・あまりに小さすぎたようです。

保護して2週間。

生きていた事、元気に遊んでいた事が、既に奇跡に近い事だと言われました。

内臓の限界・・・助ける事は無理だそうです。

たくさんたくさんみなさんから応援をいただいたことに、

子猫と共に有難う御座いましたといいたいです。

ほんとうにありがとうございました。

最後にこちらに顔を向けて、小さい小さい声で 『にやぁ・・・』 と鳴いてくれました。

苦しまずに、コトリと心臓が止まったようでした。

今、暖かい朝の日差しを浴びています。

私の手編みのマフラーにくるんで、眠っているようです。

庭の花の横に埋めて貰おうと思っています。

いつでも思い出せるように。

いつでも話しかけられるように。

泣いてばかりいられません。

まだもう一匹がいます。

180グラム・・・元気には見えますが、こちらも小さすぎます。

慎重に育ててあげなければ。

逝ってしまったあの子の分も生きなければいけません。

あの子の分も、私は1日1日もっと大切に生きなければ!!

あの子の残してくれたものは、大きい事だったんだと言える様に

私が頑張らないと申し訳ありません。

あの子の生きた1ヶ月、出会ってからの15日間、

私にとっての必然的な出会いと別れなのだから。

本当にみなさん、ありがとうございました。

悲しくありません。

あの子も私が悲しんでいては逝けません。

笑って頑張っている私を見せたいです。

ありがとねって言い続けます。

カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/26 ざぶとん]
[12/13 とし]
[10/05 スケソウダラ]
[08/13 スケソウダラ]
[12/19 mako]
プロフィール
HN:
はずれ
年齢:
50
HP:
性別:
女性
誕生日:
1968/06/15
職業:
物作り
趣味:
物作り・音を聞く・文字を読む・文字を書く
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ   [PR]